インテリアにもお洒落!赤ちゃんの知育”モンテッソーリモビール”

赤ちゃんの初めてのおもちゃに、何を準備されましたか?


ベビーベッドや天井に吊るすモビール、メリーを選ばれる方も多いと思います。
見た目がかわいいモノや多機能なモノ、シンプルなモノと種類が多く、どれを選べばいいか迷ってしまいませんか?


私は、モビールはインテリア重視で「好きなデザインのモノ、かわいいモノを選べばそれでいい!」と思っていました。。。。

でも実は、赤ちゃんに見えている世界は大人と全く違い、モビールには赤ちゃんの発達を促してくれる大事な役割があるんだそうです!
赤ちゃんの発達を促す&インテリア、両方を備えたモビールの選び方と、迷った製品をご紹介いたします。

1)onechoice”ムナリ”・”ダンサー”

新生児期から使用するベビーモビールとして、
新生児〜約4ヶ月頃 用で、ムナリモビール
約4ヶ月以降 用で、ダンサーモビール
を愛用しました。

2)モビールは、インテリアか?知育玩具か?

新生児は、モノトーンの世界?!

生まれたばかりの赤ちゃんの”視覚”は、輪郭もぼんやりとしか見えないところから、徐々に発達していくそうです。

生後1ヶ月頃・・・20センチあたりのものが見え、色のはっきりしているものや、ゆっくりとした動きを追視できる様になる
生後2ヶ月を過ぎた頃・・・大人と同じ環境の明かりでも大丈夫になる
生後3ヶ月頃・・・両親の顔などの見慣れた物を認識し、反応する様になる

【追視】この過程で、視点が固定できない状態から、目でモノを追う「追視」をはじめます。
【色】また、色も最初はモノトーンの様に白黒に見えており、
光→白黒→グレー→カラー(赤→青や黄色・緑)と見える様になるそうです。


この様に”視覚”には、時期により発達段階があります。
乳児期の”追視”が、将来の読む・書くといった基本的な能力獲得に、重要な影響を与えるそうです。
そこで、ほとんどの時間をベッドで過ごすこの時期には、視覚を刺激してくれるモビールが最適なのです。

そんな重要な役割があったとは!!

新生児の視界がモノトーンだなんて、子供を産むまで知らなかった!!!
日々、少しずつ色や形が見えていくよぉ

 

3)選んだ理由〜”着目ポイント”と”決めて”〜

選ぶ時の着目ポイント

赤ちゃん目線で、
カラーとデザインを楽しめるか?
▪発育時期に合わせ、見える色
▪見て楽しく、追視のきっかけになるか

大人目線で見て、デザインが魅力的か?

 

選んだ決め手

赤ちゃん目線で、
 「発達段階に合わせ、見える世界が徐々に増えて楽しめる様に、カラーとデザインを選択したこと」


詳細をご紹介します。

赤ちゃん目線〜赤ちゃんが見える色と、視覚への刺激〜

前述の通り、産まれてから日が経つにつれ赤ちゃんの視覚は発達していきます。
また、この乳児期の追視が、将来の読み書きといった基本的な能力獲得に重要な影響を与えます

ならば、赤ちゃんの成長に合わせたモビールを飾ることで、
刺激を与え、赤ちゃんの視覚の発達を促してあげたいと思いました。

ゆらゆら揺れるモビールをおくだけで、視覚を刺激してくれるなんて。
手軽だし、絶対やった方がいいね!!

そこで見つけたのが、モンテッソーリ・モビール”です。

 

数々の著名人も影響を受けてきたと言われるイタリア発のモンテッソーリ教育”は日本でも広く浸透していますが、
あまり知られていない”モンテッソーリ・モビール”は、モンテッソーリ教育のエッセンスを取り入れたモビールのことです。

短期間で変化する、乳児期の”視覚発達”段階に合わせたモビールを準備したかったので、
ニーズを捉えた2つをまずは、選びました。

 

大人目線で見た、デザイン

大人目線(ママ目線)でいうと、見た目重視で可愛い。。。
欲しいモビール・メリーがあったので迷いました。

最終的には、赤ちゃん目線で楽しめること視覚の発達を促せることを優先しました。

 

勿論、どんなモビールでも追視はうながせます。モビールはインテリアに合った・大人目線重視で選ぶ!という選択肢もあります。その場合、設置する赤ちゃんからの距離に気をつける良いと思います。

私は頂きものでCombiの2WAYメリーを併用していました。床置きができ、音楽や胎内音に似た音が出るタイプで、赤ちゃんの反応はすごく良かったです。

4)”ムナリモビール”・”ダンサーモビール”

「見える世界が徐々に増えて、赤ちゃんが楽しめるモビール」2種類を選びました。

①新生児〜約4ヶ月頃:ムナリ・モビール

①ムナリ・モビール

まずファーストモビールとして、”ムナリ・モビール”を購入しました。
イタリアの絵本作家ブルーノ・ムナーリが考案したことから、”ムナリ・モビール”と呼ばれています。

ブルーノ・ムナーリの「きりの なかの サーカス」独特な世界観の絵本です

白黒のシンプルなデザイン

白黒でシンプルな幾何学模様と、キラリと反射するガラスで作られています。
色が見分けられない赤ちゃんのため、情報は最小限に。(販売元サイトページによると、情報量が多すぎると赤ちゃんは混乱してしまうそうです)
それでも箇所により高さ・形・大きさが違うため、「今日は○が見えるな」「あれ?△が見える」と少しづつ違いに気づいてくれたらいいなーと思い、こちらに。

赤ちゃんの反応は?

最初は見えていない様で、モビールを見ることはありませんでしたが、生後数週経過すると
ゆらゆら揺れるモビールをじーっと見つめる様になり、見つめながらニヤリと笑ったり、声を出して反応してくれました。

少しづつ変化する赤ちゃんの反応を見るのは嬉しい!
ぼくもたのち~

設置方法は?

▶︎ベビーベッドにモビールスタンドを設置し、そこから吊るしています。
モビールスタンドも、カラフルなモノが多いのですが、デザイン重視で選んだ白いベビーベッドにマッチするモノがよ買ったので、シンプルな見た目と機能性を兼ね備えたこちらを購入しました。

※モビールスタンドのリンク

▶︎赤ちゃんの目から20センチ の場所に設置
部品毎に高低差がありますが、最も近いもので”赤ちゃんの目から20センチ”の場所に設置しました。

▶︎頭の上に設置しない
ガラスの風鈴がついていますが、万が一落ちると危険のため、頭の上にモビールが来ない様、寝せる場所を気をつけました。

いつ購入した?

出産前に購入・設置し、赤ちゃんを待ちました。
既に出産後の場合は今から、または次の段階のモビールを準備してあげると良いかと思います!

②約4ヶ月〜:ダンサー・モビール

②ダンサー・モビール

”ムナリ・モビール”と同じショップで、同様の理論に基づいて作られた”ダンサー”を購入。
視力が上がり”ムナリ・モビール”をしっかり見る様になった頃、こちらに切り替えました。

シンプルながら、子供が夢中になる光沢・カラー

ベースは黒の踊るダンサーのシルエットですが、風に揺れるとダンサーが踊っている様に見えて、光沢のあるカラー部分は光に反射。大人が見ていても楽しいです。

赤ちゃんの反応は?

おそらく色が識別できる様になった頃、揺れるモビールをじーっと見つめたり、声を出して笑うなど、かなり楽しんでくれていました!

室内の風で揺れ、キラキラ光るダンサーが踊っている様で楽しい!
いろんな形→キラキラ→いろんな色
つかまり立ち後に引きちぎって卒業でした(笑)

5)比較検討した製品

デンマーク製 フレンステッドのモビール”Balloon5”

知育観点で成長を促す刺激を与えられるモノが良い。北欧デザインが好き。かわいいというよりおしゃれな物がいい!という方におすすめ

「おしゃれな配色。紙モビールで知育にも○」
ダンサーモビールと迷いました。Balloon5の方がスタイリッシュな印象はあり、子供が大きくなってもインテリアとして長く使えそうです。
視覚的刺激も◎。ダンサーモビールはキラキラ光る紙を使用しているのに対し、サイトで見る限りこちらは光沢はない素材に見えます。

 

イタリア発高級ベビー用品ブランド nanan ”TATO ベッドメリー”

淡い色合いの、赤ちゃんらしいデザインのメリーを使いたい!という方に

「ママ受け最高?!こういうメリーに憧れました」
”THE赤ちゃんメリー”というデザイン。ブランドアイコンであるくまさんのぬいぐるみがくるくる回ってくれます。カラーはブルーとピンク。

 

10mois ”モビール ベッドメリー Counting Sheep”

淡い色合い、赤ちゃんらしいデザインのメリーを! という方に

「フェルトウールの優しい風合いでかわいい!」
こちらも赤ちゃんらしい優しいデザイン、素材感がより柔らかい印象です。②よりお手頃価格。
②③共に、お祝いやプレゼントにも喜ばれるのではないでしょうか。


以上から、ムナリモビール・ダンサーモビールの2種類を購入しました。
追視が上手な子に育っているのですが、このモビールのおかげかな?と思っています。

子供もよく見て反応し、楽しんでくれていたので、購入して正解でした!!

 

是非モビールやメリーで知育しながら、赤ちゃんの笑顔を楽しんでみてください!

あわせて読みたい赤ちゃんモビールを吊るす”モビールアーム”(スタンド)

お気に入りのモビール・メリーを見つけたら、はやくベビーベッドに飾りたいですよね! いざ飾ろう!と思って、吊るすためのモビールアーム(モビールスタンド)を探すと、意外とないんです。お気に入りのモビールや ...

-#知育
-

Copyright© ONE CHOICE , 2021 All Rights Reserved.