顔や体にでる”乳児湿疹”の原因と薬などの治療について

 

つるつるでいつまでも触っていたい赤ちゃんのお肌。突然”乳児湿疹”ができると焦ってしまいますよね。

顔などにでる赤い湿疹が乳児湿疹の場合は、”清潔にすること”&”保湿すること”が何より重要です!対処方法についてご紹介します。

1)乳児湿疹の原因は?

医学的に乳児湿疹という病名はなく、赤ちゃんによくできる湿疹の総称を言う様です。主な種類には、新生児ニキビ・乳児脂漏性湿疹・あせもの3つがあります。

乳児湿疹とは、生後2週~2か月頃に多く見られる湿疹のことで、顔・首・頭皮を中心に発症します。湿疹は、赤いポツポツしたもの、黄色いかさぶたやフケのようなもので覆われているもの、膿の流出があるものなどさまざまな形状で現れます。

乳児湿疹の原因は諸説ありますが、胎盤を通して赤ちゃんに渡されたママの女性ホルモンが皮脂の分泌を促すためと考えられています。また、赤ちゃんは毛穴が小さいため皮脂が詰まって炎症をおこしやすく、湿疹が悪化しやすいのも特徴の一つです。

2)乳児湿疹の”治療”と”予防”は?

皮脂の分泌が原因なので、”清潔にする””しっかり保湿する”。対処方法はこれにつきます。病院でもこの様に指導されました。

また汗をかきすぎない様に室温・体温調節をすることも”治療”と”予防”いづれにも重要です。夏の寝苦しい夜などは特に、室温は定期的にチェックしながら調整してあげましょう。

3)心配なら病院へ

赤ちゃんの湿疹を見るのが初めての場合、”乳児湿疹”なのか別の原因なのか?判断するのは難しいですよね。心配な場合は小児科や皮膚科に行き、診察していただくことをお勧めします。

有難いことに多くの自治体は、保険証・医療証があれば乳児の医療費は負担がかからないケースが多く、負担があるとしても、石鹸やボディソープ・保湿クリームを購入するより安価な場合が多いかと思います。
また、診て頂くことで安心できますよ。

4)石鹸・ボディソープは肌に優しい市販物を

とにかく清潔にすることが大事なので、しっかり泡をたてて、泡で優しく洗ってあげましょう。筆者は当初ボディソープは”「ピジョン」ベビー全身泡ソープ”&保湿は”「ピジョン」ベビーミルクローション”を使いましたが、たまたま肌に合わなかったので変更しました。

”「ヴェレダ」のカレンドラ ベビーウォッシュ&シャンプー”に変更。それ以降は肌トラブルはありませんでした。

WELEDA(ヴェレダ) カレンドラ ベビーウォッシュ&シャンプー 200ml

ヴェレダのカレンドラシリーズは、口コミを見ると「香りが苦手」などと書いてあることもありますが…。確かに香りはありますが自然の花の香りで、良い香りだと思います。赤ちゃんが使う物としても全く気になりません。

欠点として、低刺激の製品は赤ちゃん用も大人用と同様に通常の製品より少しお値段がし、泡立ちにくい点です。

しかし、こちらは泡立ちやすいクリームなので、お値段は、お肌のためなのでやむなしかなと思っています。

ミノンのベビー全身シャンプーもトラブルなく使えました。さっぱりとした洗い上がりでヴェレダの方がしっとり感は強いですが、ミノンは泡で出てくる点が使いやすさで◎です。

◆MINON(ミノン) ベビー全身シャンプー 350ml

 

5)保湿は”ヒルドイド”が最高

病院で乳児湿疹の相談をすると、多くの場合”ヒルドイド”という保湿剤を処方される様です。このヒルドイドが素晴らしく、我が子もこれで綺麗に治りました。

ヒルドイドは3タイプ
①さらっとして塗りやすい”ヒルドイドローション”・②トロッとした”ヒルドイドソフト軟膏”・③すこし堅めの”ヒルドイドクリーム”

知る限り3つの硬さの種類がありますが、硬さの差だけで成分は同じで、湿疹が多い時は”クリーム”または”軟膏”をベタベタになるくらい塗ることを病院で勧められました。

湿疹が治った後や夏の暑い時期などは、”ローションタイプ”が塗った後もさらっとしますので、湿疹の度合い・気温などで調整するのが良いかと思います。

経験上、医師の処方時に例えば「ローションタイプを出しますね」と言われても別のタイプをご要望すれば処方して頂けます(一般的にはローションタイプを処方されることが多い様)。

一般的な調剤薬局にも3タイプとも用意されていることが多いため、要望してみてください。

これでも治らない場合は症状によって、ステロイドなどを含めた別の薬を処方されることもある様なので、経過が悪ければ再度診察してもらいましょう。(ステロイドは賛否ありの様なので使用前に確認をお勧めします)

市販の保湿クリーム
市販物で低刺激の物だと”「ヴェレダ」ベビーミルクローション”や、我が子は合いませんでしたが”「キュレル」ローション”、使ったことはありませんが”「ミノン」全身保湿ミルク”、”「N&O Life」アロベビー ミルクローション”、”BABYBORN Face & Body Milk”などがよく使われていて良さそうです。

購入後に合わなかったとなると残念ですが、その子によってお肌に合う・合わないがありますので、試してみてあげてください。購入後に合わなかったとなると残念ですが、早くよくなる様に合わないものは使用を止めるなどしていきましょう。

赤ちゃんに使わなくなってしまっても、大人が使ったり、少し月齢が進んだら使用するなど、無駄な出費にはならないかなと思います。

WELEDA(ヴェレダ) カレンドラ ベビーミルクローション 200ml

 

◆MINON(ミノン) 全身保湿ミルク 200mL

敏感肌向けで有名なミノンの保湿ミルク(ローションタイプ)。クリームタイプ↓もあります。

◆MINON(ミノン) 全身保湿クリーム 90g

 

東原亜季さんとゴッドハンドエステティシャンの高橋ミカさんが開発したBABYBORNシリーズも、成分・テクスチャーともに拘りが強く、良さそうです。

◆BABY BORN(ベビーボーン)Face & Body Milk

 

「ALOBABY(アロベビー)」の世界的オーガニック基準「エコサート」を取得したミルクローション。シアバターやホホバ種子油・オリーブ果実油など保湿成分を多く配合し、新生児から大人まで使用可。

◆ALOBABY(アロベビー) ミルクローション 150ml

6)さいごに

お子さんによっては、乳児湿疹だと思っていたらアトピーやその他の症状であるケースもあるかもしれません。

心配な場合は自分で判断せず、病院の診察も受けてみてくださいね。早く良くなりますように。

-#育児

Copyright© ONE CHOICE , 2021 All Rights Reserved.